代表あいさつ

自然の猛威にぼうぜんと立ち尽くした東日本大震災。あの絶望から立ち上がり、奏海の杜は歩みを進めてまいりました。今、色とりどりの特性がある子どもたちが生き生きと過ごせる場所を作れているのは、多くの温かい手が奏海を育てて下さったおかげと、感謝しております。

現代はやりきれない気持ちになることも少なくありませんが、子どもたちの笑顔には社会全体の幸せに繋がる大きな希望を感じています。人は、出会い関わることによりお互いを知り、近づくことで学び合うことができます。そんな関係を網の目のように広げ、障害があってもなくても誰もが自分らしく暮らせる社会へつなげたい。この願いを込めて、これからも私たちは子どもたちと一緒に地域の方々と出会い、共に育つ場をつくっていきます。奏海の杜のチャレンジに、ご理解とご協力をよろしくお願いします。

NPO法人奏海の杜 代表理事 太齋京子

めざす姿

合言葉は、「障害があってもなくても 地域を奏でる人になる」

障害があってもなくても誰もが自分らしく暮らせる地域へ・・・
太い繋がりを1本作るより、細い繋がりが何本も編まれているネットを作って、お互いが出来る範囲で支えあって、誰もが主体的に生きられる地域を目指します。

大切にしている思い

・個性を尊重して成長しあう
・ユーモアを大切に学びあう
・新しい価値を提案して高めあう

歴史

2011.6 被災地障がい者センターみやぎ県北支部が障害者支援を開始
2011.10〜 在宅障害者の日中活動支援を始める
2012.7 障害児夏休み子ども広場を開設(登米市中田町)
2012.10〜 障害児の放課後子ども広場を開始(南三陸町入谷公民館)
2013.2 NPO法人 奏海の杜設立
2013.4 南三陸町日中一時支援事業を開始(南三陸町)
2014.7 放課後等デイサービス事業を開始(登米市中田町)
2015.4 福祉仮設住宅の管理運営業務を開始(南三陸町からの受託)
2015.4 引きこもり/不登校支援を開始(宮城県補助事業)
2015.6 放課後等デイサービス事業を開始(南三陸町)
2017.3 福祉仮設住宅の終了とともに、管理運営業務終了
2017.6〜 放課後等デイサービス事業を1拠点に集約(登米市中田町)

財務公開/事業所自己評価表

下のリンクをクリックするとPDFがダウンロードされます。
定款
●財務諸表
2013年度 : 事業報告決算報告
(総会:2014.5.23 南三陸町入谷公民館)
2014年度 : 事業報告決算報告
(総会:2015.5.22 南三陸町入谷公民館)
2015年度 : 事業報告決算報告
(総会:2016.5.27 南三陸町晴驛谷子ども広場にこま~る南三陸)
2016年度 : 事業報告決算報告
(総会:2017.5.26 南三陸町晴驛谷子ども広場にこま~る南三陸)
2017年度 : 事業報告決算報告
(総会:2018.5.25 登米市子ども広場にこま~る中田)
2018年度 : 事業報告決算報告
(総会:2019.6.6 登米市子ども広場にこま~る中田)

●事業所自己評価結果
2017年度事業所評価表
2018年度事業所評価表
2019年度事業所評価表