代表あいさつ

自然の猛威にぼうぜんと立ち尽くした東日本大震災。あの絶望から立ち上がり、奏海の杜は歩みを進めてまいりました。今、色とりどりの特性がある子どもたちが生き生きと過ごせる場所を作れているのは、多くの温かい手が奏海を育てて下さったおかげと、感謝しております。

現代はやりきれない気持ちになることも少なくありませんが、子どもたちの笑顔には社会全体の幸せに繋がる大きな希望を感じています。人は、出会い関わることによりお互いを知り、近づくことで学び合うことができます。そんな関係を網の目のように広げ、障害があってもなくても誰もが自分らしく暮らせる社会へつなげたい。この願いを込めて、これからも私たちは子どもたちと一緒に地域の方々と出会い、共に育つ場をつくっていきます。奏海の杜のチャレンジに、ご支援よろしくお願いします。

めざす姿

「障害があってもなくても 誰もが自分らしく暮らせる地域」

太い繋がりを1本作るより、細い繋がりが何本も編まれているネットを作って、お互いが出来る範囲で支えあって、誰もが主体的に生きられる地域を目指します。

大切にしている思い

・個性を尊重して成長しあう
・ユーモアを大切に学びあう
・新しい価値を提案して高めあう

歴史

2011.6 被災地障がい者センターみやぎ県北支部が障害者支援を開始
2011.10〜 在宅障害者の日中活動支援を始める
2012.7 障害児夏休み子ども広場を開設(登米市中田町)
2012.10〜 障害児の放課後子ども広場を開始(南三陸町入谷公民館)
2013.2 NPO法人 奏海の杜設立
2013.4 南三陸町日中一時支援事業を開始(南三陸町)
2014.7 放課後等デイサービス事業を開始(登米市中田町)
2015.4 福祉仮設住宅の管理運営業務を開始(南三陸町からの受託)
2015.4 引きこもり/不登校支援を開始(宮城県補助事業)
2015.6 放課後等デイサービス事業を開始(南三陸町)
2017.3 福祉仮設住宅の終了とともに、管理運営業務終了
2017.6〜 放課後等デイサービス事業を1拠点に集約(登米市中田町)

財務公開/事業所自己評価表

下のリンクをクリックするとPDFがダウンロードされます。
定款
●財務諸表
2013年度 : 事業報告決算報告
(総会:2014.5.23 南三陸町入谷公民館)
2014年度 : 事業報告決算報告
(総会:2015.5.22 南三陸町入谷公民館)
2015年度 : 事業報告決算報告
(総会:2016.5.27 南三陸町晴驛谷子ども広場にこま~る南三陸)
2016年度 : 事業報告決算報告
(総会:2017.5.26 南三陸町晴驛谷子ども広場にこま~る南三陸)
2017年度 : 事業報告決算報告
(総会:2018.5.25 登米市子ども広場にこま~る中田)
2018年度 : 事業報告決算報告
(総会:2019.6.6 登米市子ども広場にこま~る中田)

●事業所自己評価結果
2017年度事業所評価表
2018年度事業所評価表

最新のブログ記事

高校生がボランティアに来ました!

登米総合産業高校の福祉科の生徒さんがボランティアに来ました! にこまるさんも緊張したり、照れたりしていましたが、すぐにお話していました。           この日の活動は、にこワゴン&にこクリーンでした。 にこワゴンチームはウジエスーパーへ行きました。 高校生と一緒に「コーヒーいかがですか〜!」と張り切って宣伝していました。 そして、にこクリーンチームは歩いてウジエスーパーまで行き、 ワゴンチームの応援をしました。           もちろん、クリーンと名前がついているので、ゴミ拾いをしながら・・・           高校生と一緒に活動したことで、にこまるさんも新鮮さを感じているのではないでしょうか? もちろんスタッフも。           来月も登米産業高校さんと楽しいイベントも計画中です。お楽しみに!(渉) 【かなみのブログは毎週木曜日更新】

にこま~るに秋がきた!

9月9日(月)台風15号が関東地方に上陸しました。登米市も大荒れになるかと心配しました。 翌日(10日)は蒸し暑い一日でしたが、時折吹く風に秋を感じることができました。 10日の活動は「にこクリーン」です。にこま~るの近くから始まって、地域をきれいにしようという壮大な構想のもとにスタートした活動です。 まず、にこま~るの前庭を見てみると、落ち葉がいっぱいでした。 落ち葉拾いをしよう! さっそくほうきやちりとりをもって、庭へ出てみました。 すると、予想以上に枯れた葉がいっぱい落ちていました。石と石の間にも。ほうきで出来ないところは軍手をはめて取りました。 気づくとにこま~る前の歩道にも落ち葉が・・・。気づいた子どもが歩道に出て落ち葉拾いを始めました。そうしたら、他の子どもたちも次々と歩道の落ち葉を拾い始めました。   落ち葉がなくなって気持ちのよい前庭。 何をしようか?    そうだ 絵を描こう! 子どもたちは思い思いの色のチョークで描き始めました。 「ここから出てダメね!」 絵を描いているはずが、いつのまにか「〇〇ごっこ」に。 高く澄んだ秋の空に子どもたちの声が響きました。(西) 【奏海の杜のブログは毎週木曜日更新です!】            

にこワゴン~夏休み編~

楽しい夏休みの間、にこま~るさんは合計3回 「にこワゴン」で出かけました。 (にこワゴン過去の記事はこちら)   朝、にこま~るに到着したら ・道具の確認 ・コーヒー準備 ・看板の作成 ・担当の確認…etc… さながらお店の開店のように準備をします。 子どもたちがコーヒー豆も丁寧に手で挽いて いますよ。 看板も必要に応じて作成しています。 訪問先の時間に合わせて開店準備。 搬入・設営も子ども達が周りのスタッフと 相談しながらセッティング。 何度か回数を重ねてきた子も初めての場所での 『最初の掛け声』はとても悩みます。 何から言ったらいい?コーヒー渡す時は なんて言ったらいい?とスタッフと 相談すること数十秒。 いよいよ目の前にお客さん!! 「あぁどうしよう~」と何度お店に戻ったことか。笑。   「ごちそうさま」とお客さん。 声をかけられ子どもたちは笑顔と「ありがとうございます。」の声。 自信がつくと早々に「次届けてくる!!」とやる気が出ます。     夏休みより、にこワゴンに1つ活動目標が増えました。 自分たちの活動で集まったお金でワゴンを作ろう!と、 「にこワゴン募金」を開始しました。 コーヒーの試飲配布の活動を通して活動に賛同いただいた方からの ご寄付で活動用のワゴンを作ろうと考えています。 「直接会った」「コーヒーの試飲をしてくれた」・・・ 自分たちで貯めて買った物・作った物は にこワゴンの活動でたくさんの方と出会う子どもたちのアイテムになります。 直接「頑張ってね!」と声をかけながら募金をいただき、 笑顔でお礼を言うにこま~るの子どもたち。 にこま~るに戻って振り返りをしても皆、笑顔でその日の活動で うれしかったことを話します。 夏休みに出会った皆様ありがとうございました。 にこワゴンの活動は毎月2回程度行っています。 どこかで見かけた際は、コーヒーの試飲や 子ども達との出会いを楽しんでくださいね。    (美) 【かなみのもりブログは毎週木曜日更新】

2019にこま〜るの夏

今年も盛りだくさんの夏やすみでした。さらっと振り返っても・・・、 おてだま〜る、芸術のもり、ららら♪ミュージック、 にこワゴンやにこ編集室などの、定番プログラム、           あしおとの輪×おてだまや、アクションペイント、 パン作り体験などの、外部講師の方々による時間、           野外炊飯や、SAP体験、 プール、にこまる縁日など、夏ならではの企画、などなど・・・。           にこま〜るの夏休みは、ゲームやSNSでは味わえないリアルな夏! 子どもたちの心に身体に効いてるといいな。 大人になっても楽しい気持ちと一緒に思い出してくれるといいな。           この夏休みは、お弁当をお願いしたのも初めての試みでした。 近所のお弁当屋さんが、彩り豊かなお弁当を毎日届けてくれました。 お弁当をいただく時の、みなの輝く目!弾ける笑顔! 心身の健康は食事からだなぁと実感しました。 ぷーたろーさん、心のこもったお弁当、本当にありがとうございました!             また、お盆休み前にスタッフで振り返りの時間を持てたのも、 2019年新しい変化でした。 企画の良かったところや課題を共有して次回へつなげたり、ヒヤリハットの検討をしたり。 企画やイベントは単体で存在するのではなく、 日々の子どもたちとの関わりの延長にあるもの。 改めて、毎日を丁寧に過ごそうと確認して、2学期です! 秋はまた楽しい出来事がめじろ押し。楽しみ〜。(京) 【かなみのブログは毎週木曜日更新!】

にこまる縁日

夏休みも後半になったある日、にこま〜るからとても賑やかな音楽が聞こえてきました! この日は、にこまる縁日です。 オープニングは三味線?、でも手に持っているのはスコップ!           にこまるさんと職員、スコップ三味線デビューしました! スコップ三味線の技を皆さんに披露することができるようになる日も近いでしょう。 演奏が終わった後は、各コーナーに分かれて楽しみました! こちらは、輪投げコーナー 難易度別に線が引いてあります。 事前にチャレンジしたスタッフは「簡単、簡単!」と言いながら一番難しいラインからチャレンジすると全て入らず・・・ にこまるさんも投げ方を工夫して投げていました。           ストラックアウトコーナーや           神秘の釣りコーナーもありました。 人魚が釣れた!!という話も、ちらほら聞こえてきました。 釣れた人魚は、にこま〜る内に祀ってあるという噂もあるとか、ないとか・・・           そして、射的コーナーのはずが・・・           入ってみるとたこ焼きコーナーが併設。           たこ焼きを頬張りながら、射的の順番を待ちます。 お祭り開始前にたこ焼きコーナーを見つけて、始まると同時に食べにきたにこまるさんも^^ 食べている横では、真剣勝負が繰り広げられていました。           射的の腕前がどんどん上達していきます。 後半になると、一気に崩すにこまるさんもいました。 にこまるさんが自分たちで準備をして、楽しむことができたにこまる縁日でした!(渉) 【かなみのブログは毎週木曜日更新!】