にこま〜るの活動に込めた思い

子どもたちの安心と活躍の場をつくる

発達の土台となる「遊び」を中心に、楽しみながら「気づき」、「意欲」、「可能性」を引き出し、子どもたちの「やりたい」が引き出される居場所を創っています。

〜活動内容〜

創作遊び・役割遊び・体験活動など。子たちの実態に合わせてひとりで遊ぶ、友達と遊ぶ、を段階的にサポートします。

関わりあってお互いを知る

信頼関係は「知る」ことから。出会い関わることで知らない不安が知っている安心に変わる場や関係をつくります。ユーモアたっぷりの文化を障害のある子どもたちから発信しています。

〜活動内容〜

高齢者施設との交流、ワゴンで地域に出てコーヒーの配布、取材を通して地域を知る活動など。

育ちあう関係を創る

意欲的に活動する大人が関わることで、子どもが自ら道を切り開いていくような関係づくりに努めます。

〜活動内容〜

地域の方々が「かなプロ」という名前で自分の得意分野で子どもたちと関わっています。現在は、芸術のもり(アート活動)、えいごであそぼ(英語の時間)、おてだま〜る(身体活動)、ららら♪ミュージック(音楽療法)などが開催されています。

IMG_4577_1

ご利用案内

障害がある又は成長に気がかりがある6歳から18歳までの就学年齢のお子さんで、住居自治体が発行する「通所受給者証」をお持ちの方

※通所受給者証は、福祉サービスを利用するために市町村自治体から交付される証明書です。受給者証には保護者と児童の住所、氏名、生年月日、サービスの種類、その支給量(日数や時間数)などが記載されます。
※受給者証は、お住まいの自治体の行政福祉窓口で申請します。
※放課後等デイサービスは療育手帳を取得していないお子さんも、受給者証があれば利用することができる福祉サービスです。

サービス提供日 月〜土
(国民の祝日、12/29〜1/3、8/13〜15を除く)
事業所の営業時間 9:00〜17:00
サービス提供時間 ○学校休業日・長期休業期間:9:00〜16:00
○学校休業日以外:13:00〜17:00
利用料 ○事業の法定利用料(世帯収入により上限あり)
○おやつ代100円/回
○その他活動実費

①お問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡下さい。追って担当者より状況に応じたご案内をさせていただきます。

②ご見学・体験

保護者の方々が、もしくはぜひご本人と一緒に、にこま〜るへお越しください。くわしくご説明いたします。

③ご契約

面談をさせていただきます。受給者証をお持ちでない場合は、受給者証の交付を受けた後でご契約となります。

④支援計画作成

面談の内容を元に児童発達支援管理責任者が支援計画を作ります。保護者の方に内容を確認していただきます。

⑤ご利用開始

開始後は定期的に面談させていただき、お子さんの成長に合わせて支援計画の見直しをしてまいります。

一日の流れ

最新のブログ記事

第1回 にこまる秋まつり

11月3日(日)に「にこまる秋まつり」を開催しました。にこま~る内では作品展をしました。 【芸術のもり 制作物】 大きな墨絵 小さな墨絵 版画(来年の干支 ねずみ) インスタレーション(ペットボトルビーズで作成) 一輪挿し  等々 【にこ編集室での制作物】 サンキュー新聞 日々の活動をまとめた冊子 終戦の日 決意文  等々 前庭ではステージ発表をしました。 「おてだま~る」と「スコップ三味線」です。 おてだま~るは毎月かなプロの認先生と練習しています。 スコップ三味線は佐沼の「町ゼミ」でスタッフが教わってきました。それをもとに子どもたちと曲を選んだり、服装を考えたりしてきました。 飛び入り参加があったり、ハプニングもありましたが、子どもたち全員が何らかの形でステージ発表に関わることができました。 にこワゴン(コーヒーの試飲サービス)、にこまるボタン のワークショップ、募金活動も行いました。 当日は、中田庁舎でも「なかだの秋まつり」が開催されていました。大勢の方々でにぎわっていました。子どもたちも「なかだの秋まつり」に興味津々。舞台発表の合間を縫って、はっと汁を食べに行ったり、お肉をごちそうになったり、戦隊ショーを見に行ったりと「秋まつり」を堪能していました。 開催する前にはお客様が来てくれるかどうか、とても心配でした。でも、当日は保護者の皆様、学校の先生方、地域の皆様等 本当にたくさんの方々にご来場いただき、子どもたちの姿を見ていただきました。地域の方々には「にこま~る」のことを分かってもらうことができ、うれしかったです。 初めての試みでしたが、こんなにすばらしい時間を過ごせるなら来年も内容を工夫して、またやってみたいなあとスタッフ一同考えています。(西) 【奏海の杜ブログは毎週木曜日更新です!】

にこクリーン+ハロウィン=ハロクリーン??

にこま~るの活動で、10月末のイベントと言えば・・・ ハロウィンです! 今年はまた違うパターンのハロウィンの活動をしました。 先日いただいたカチューシャやかわいいスカートも 誰かのおさがりの浴衣も(!?)自分で選んで着替えます。もちろん、着ないと決めてもOK。無理には着せません。 それぞれの格好でにこま~るの駐車場の敷地の掃除、 にこま~るの前にある庁舎の周りのゴミ拾いと取り組みました。   ゴミ拾いの後は?? もちろんご褒美があります。 今日のにこま~るは天井より何かカードがぶらさがっていたんです。 誰か先に取るかな?と思っていましたが飾りと思ってなのか、 清掃活動前に特に反応はありませんでした。 清掃活動の後で「お菓子の引換券!!」と伝えると当たりのカードを探します。 「見てて」とカードを取る瞬間を見せてくれたり、 友達に頼んだりと工夫して無事みんなおやつをGETしました。 終わった後に、「カード、なかなか当たりが無いのが楽しかった」 「今度は浴衣が着たい」 「私の仮装がいちばん!」 「仮装のまま帰りたかった」 と帰りの車の中で今日の感想を話してくれました。 「来年のハロウィンはどんなのかな?」の声も。 来年もお楽しみに!? 【かなみのもりブログは毎週木曜日更新!!】  (美)   11月3日(日)はいよいよ「にこまる秋まつり」です。 作った作品の展示、今日仮装したメンバーもステージに立ちます。 是非お越しください。

にこまる秋まつりのお知らせ

11月3日(日)は中田の秋まつりです。 https://www.miyagi-kankou.or.jp/sp/kakikomi/detail.php?id=3497 登米市役所中田支所や社会福祉協議会の敷地を会場に、 今年も楽しい舞台や多くの模擬店が出るようです。 かっぱ巻き大会や牛肉のお振る舞いもあるようです。完全に楽しみです(笑) そして、さらにはその日、 道を挟んでお向かいにあるにこま〜るでは、 舞台と展示会とワークショップをします!           十人十色の世界を楽しんだり、           身体いっぱい使って喜びを表現したり、           ときには真剣に話しあったり! こんな子どもたちの、日頃の活動の発表会。 個性豊かなアーティストやアクターたちの表現の世界を、 ぜひ多くの方々に見ていただきたいです。 人気のボタン作りのワークショップや、 コーヒーのお振る舞いもありますよ。(京)   にこまる秋まつり 日時:11月3日(日)10時〜15時 場所:奏海の杜みんなの広場にこま〜る (登米市中田町上沼西桜場32番地1) ぜひ来てね! 【かなみのもりのブログは毎週木曜日更新!】

登米総合産業高校の産業祭に、にこワゴン出店!

ブログの更新が遅くなりました。すみません。 10月19日(土)に開催された登米総合産業高校の産業祭に、にこワゴンが出店しました!           にこワゴンが産業高校に出店するのは、今回で2回目です。 前回の記事は、こちら。 産業祭ということで、大勢の人がいる中でにこワゴンを行いましたが、にこまるさん 物怖じせずにコーヒーを配っていました。           おっかなびっくりで、中学生のにこまるさんと一緒に配ったり、               コーヒーそっちのけで、恐竜?、怪獣?を追いかけたり・・・ にこまるさんそれぞれが、楽しみ方を考えて参加しました。       にこまるさんが通っている学校の先生方、保護者の方々も来ていただきありがとうございました。 「ウジエスーパーでやっているよね!」などと、声をかけられることも増えてきました。 外に出て活動することの意味を改めて実感した活動でした。(渉) 【かなみのブログは(本来)毎週木曜日更新】

にこカフェ 開催しました!

10月9日(水) 久しぶりににこま~る(登米市)でにこカフェを開催しました。テーマは「コミュニケーションって何だろう?」でした。 参加者は6名と少なめでしたが、改めて自分が抱えているコミュニケーションについての悩みを考えたり、自分のソーシャルタイプを知ったりするよい場になりました。 まず、自己紹介。言葉を使わないで自分の名前を相手に伝える。 難しかった! 続いて 4つのソーシャルタイプについてセルフチェックしました。 ・ドライビング傾向(合理的 行動が早い 言い方はストレー ト・・・) ・エクスレッシブ傾向(直観的思考 感情表現が大きい 気分に左右       される・・・) ・アナリティカル傾向(合理的思考 データ重視 結論が出るまで時      間がかかる・・・) ・エミアブル傾向(平和主義 調和思考 聞くのが好き 優柔不断     言いにくいことは言わない・・・) この4つについてそれぞれ15項目をチェックし、チェック合計の多いところが自分のタイプです。自分を知るって大切ですね。 続いて演習。 ・同調して聞く ・否定的に聞く ・話の腰を折る   3つの聞き方をしてみました。その中で話題になったのは、目を見て聞くか否かで全く聞き方(相手の受け取り方)が違うということでした。 自閉的傾向の方は目を見て話しを聞くことが得意ではないようです。小学校に入学して「目を見て話しを聞きなさい!」と先生から指示されても出来なくて、不安になったり、挙動不審になったりします。あるお医者様が「話は聞かなくてもいいから目を見なさい」とアドバイスしてあげたら、じっとしていられたという事例があるそうです。 私たちは日々、周りの人とやり取りをしながら生きています。今回ににこカフェでコミュニケーションの力は大切なんだと再認識させられた時間でした。(西) 【奏海の杜のブログは毎週木曜日更新です!】