にこま〜るの活動に込めた思い

子どもたちの安心と活躍の場をつくる

発達の土台となる「遊び」を中心に、楽しみながら「気づき」、「意欲」、「可能性」を引き出し、子どもたちの「やりたい」が引き出される居場所を創っています。

〜活動内容〜

創作遊び・役割遊び・体験活動など。子たちの実態に合わせてひとりで遊ぶ、友達と遊ぶ、を段階的にサポートします。

関わりあってお互いを知る

信頼関係は「知る」ことから。出会い関わることで知らない不安が知っている安心に変わる場や関係をつくります。ユーモアたっぷりの文化を障害のある子どもたちから発信しています。

〜活動内容〜

高齢者施設との交流、ワゴンで地域に出てコーヒーの配布、取材を通して地域を知る活動など。

育ちあう関係を創る

意欲的に活動する大人が関わることで、子どもが自ら道を切り開いていくような関係づくりに努めます。

〜活動内容〜

地域の方々が「かなプロ」という名前で自分の得意分野で子どもたちと関わっています。現在は、芸術のもり(アート活動)、えいごであそぼ(英語の時間)、おてだま〜る(身体活動)、ららら♪ミュージック(音楽療法)などが開催されています。

IMG_4577_1

ご利用案内

障害がある又は成長に気がかりがある6歳から18歳までの就学年齢のお子さんで、住居自治体が発行する「通所受給者証」をお持ちの方

※通所受給者証は、福祉サービスを利用するために市町村自治体から交付される証明書です。受給者証には保護者と児童の住所、氏名、生年月日、サービスの種類、その支給量(日数や時間数)などが記載されます。
※受給者証は、お住まいの自治体の行政福祉窓口で申請します。
※放課後等デイサービスは療育手帳を取得していないお子さんも、受給者証があれば利用することができる福祉サービスです。

サービス提供日 月〜土
(国民の祝日、12/29〜1/3、8/13〜15を除く)
事業所の営業時間 9:00〜17:00
サービス提供時間 ○学校休業日・長期休業期間:9:00〜16:00
○学校休業日以外:13:00〜17:00
利用料 ○事業の法定利用料(世帯収入により上限あり)
○おやつ代100円/回
○その他活動実費

①お問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡下さい。追って担当者より状況に応じたご案内をさせていただきます。

②ご見学・体験

保護者の方々が、もしくはぜひご本人と一緒に、にこま〜るへお越しください。くわしくご説明いたします。

③ご契約

面談をさせていただきます。受給者証をお持ちでない場合は、受給者証の交付を受けた後でご契約となります。

④支援計画作成

面談の内容を元に児童発達支援管理責任者が支援計画を作ります。保護者の方に内容を確認していただきます。

⑤ご利用開始

開始後は定期的に面談させていただき、お子さんの成長に合わせて支援計画の見直しをしてまいります。

一日の流れ

最新のブログ記事

~バスケットボール  はじめました~

年末に… Ⅰlove ISINOMSKI&KUMAMOTO バスケットボール大会に参加し…子ども達が「バスケやりたい!」の声!!! チームにこまるがスタートしました。 先週…新品のボールとビブスが届きました。 「カッコイイ」「俺 ○○番」 …喜びの声!! ビブスを着たまま ボールを背負い 待ちきれないにこまるさん いよいよバスケの練習になると ボールを手に取り次々とパスに ドリブル(?)が始まりました   多目的ホールでの練習場所となり バスケゴールが無いので ポートボール(懐かしい)でゲームです! 1つのボールに 皆が集まり 1つのかたまりになって 走っり 皆で汗を流し 大笑いし 楽しい時間を過ごしました 次回までに 体育館を探さないと…。     目標・・・12月の大会にチームにこまる出場です!!! (チーム名はまだ決まっていませんが…) 皆さん応援 よろしくお願いいたします!(潤)   【かなみのもりブログは毎週木曜日更新】        

~書き初め!~

冬休みも残りわずかとなったある日の活動は、「書き初め」でした! 朝のお迎えの車の中から、にこまるさんはワクワクを爆発させていました。 「今日のスタッフは誰が来てるの?」と聞かれ、お迎えに行ったスタッフは、 「〇〇人来てるよ。誰でしょうか?」とクイズで返しました。 次々とスタッフを当てていきますが、後2人が思いつかず・・・数秒後、 「分かった!○○さんと○○さんだ!」と言い、車をバウンドさせて喜んでいました! 到着するとすぐに、準備が始まりました。         今回の書道は段ボールも使いました。 用意している段ボールを見て、サイズや形を考えます。 選んだ段ボールに半紙を貼ったり、そのまま書いたり・・・           段ボールの内側の確認も忘れずに~ 用意ができたら、思い思いに書き始めます。           今年の抱負や           指書道にチャレンジしたり           お母さんの名前を書いたり             立体作品にチャレンジするにこまるさんもいました! あっという間に時間が過ぎ、午後の書道は色紙や模造紙に書きました。         今一番気になっている言葉を文字にしていました。 彼が一番気になっている言葉は「たいまー」(時計)です。決して「た〇ま」が気になっているのではありません!           最後は一人一枚大きな紙に、ダイナミックに!           完成した作品を並べて作品展をしました! 自分が書いた作品を皆に発表することで、気持ちを表現する。 発表を聞いて作品を鑑賞するという体験もできました。(渉) 【かなみのブログは毎週木曜日更新】

チームにこまる、始動!?

2020年が穏やかに明けました。今年もよろしくお願いします。 にこま〜る的には賑やかな冬休みが終わり、学校が始まるのがひと区切りです。 今年の冬休みは(も?)、企画が目白押しでした。 12/24:まーるま〜る交流クリスマス会 12/25:にこま〜るクリスマス会 12/26:芸術のもり 12/27:クッキー作り(宮城県登米総合産業高校のお姉さんたちと) 12/28:にこワゴンandバスケat蔵ジアム、と、年越しうどん 1/4:バスに乗って出かけよう(初詣、外食) 1/6:昔のあそび(コマやだるま落としなど) 1/7:書き初め大会 洋物から和物まで、食べたり乗ったり、描いたり書いたり。 長期休みならではのアクティブな活動が多かったです。 特に、12/28のにこワゴンは新しい世界に繋がる予感が・・・。 もともとは、いつものにこワゴンのノリで、バスケの企画で集まった方々へ、 ゲームの合間にコーヒーを楽しんでもらおうというものでした。 午前中に年越しうどんを仕込んで、 お昼休みをねらって車で10分の体育館へ行きました。 ただ、正確には、計画の段階でも、いつものにこワゴンではありませんでしたよ。                         前日にクッキーを一緒に作った宮城県登米総合産業高校のお姉さん達も一緒だったのです。 コーヒーに加えてクッキーも楽しんでいただきました。 その後です!子ども達から「バスケやりたい」という積極的な声が出てきました。 場の方々がその声を拾ってくださり、チームにこまる、初陣となりました!                   若干ラグビー的な香りも漂うなか、 子ども達がボールを持つとディフェンス陣が戦意喪失するという ・・・ある意味、最強でした。 子ども達はルールから。 バスケはボールを持って走る競技ではないようです。(笑) 大人は、スポーツ的な動きができますように。 そして、来年はバスケットができますように。 素敵な目標をいただきました。 I love ISHINOMAKI & KUMAMOTOバスケットボール大会へ参加のみなさま、 ありがとうございました!!!(京) 【かなみのもりブログは毎週木曜日更新】  

大阪研修報告〜その2

(その1は東北⇔関西⇔九州ポジティブ生活文化交流祭の様子です) スタッフは毎年訪れているポジティブ生活文化交流祭ですが、昨年は子ども達と一緒に、 そして今年は4人の保護者のみなさんも一緒に、前日に事業所見学も組み込んで行ってきました。 研修先は、奈良たんぽぽの家のGood Job! Center香芝とアートセンターHANAです。 そこで経験したことについて、保護者のみなさまから感想が届きました。 同じ思いを共有してくださったことが本当に嬉しく、頼もしいです。 ONE TEAM奏海の杜、どんな未来が描けるのか、楽しみです。 少し遅くなってしまいましたが、いただいた感想の一部をご紹介します。ありがとうございました! 〜以下、いただいた感想〜 ・GoodJob!Center香芝は、障がい施設=授産所のイメージを大きく覆すくらいオシャレでクリエイティブな所でした。建物は間取りはもちろん、家具、ロゴ、什器に至るまで素敵で建築雑誌で紹介されるのもうなずけました。事業内容も製造では3Dプリンターを使い、流通ではフェリシモ、TABIO、無印良品etc.など有名メーカーと取引しているとのこと。利用者は適材適所で無理なく色々楽しそうに活動されていました。  特筆すべきは、アート・デザイン・ビジネスの分野を超えて「社会に新しい仕事を作り出すこと」「誰でも能力を発揮できる社会の実現」このコンセプトのもとに日本中に、世界中に香芝市から発信していること。それから考えると田舎で交通の便の悪い高齢化の進んでいる登米市でも、何かできると確信が持てた見学先でした。   ・アートセンターHANAでは、「アートは無限」を実感しました。世の中では問題行動と捉えられるごみの収集、溜め込みが、私たちでは思いもつかない吊り下げアートになったり、壁一面の落書きが唯一無二の作品になるとは吃驚でした。重度障がいで筆を持つことができない人でも様々な工夫した自助具で製作に取り組んでいました。言葉の不自由な人はトーキングボードを活用して私たちに挨拶してくださいました。オシャレにネイルアートして貰った指を嬉しそうに見せてくれた人もいました。様々な障がいで暮らしの困難はあるけれど、ここを利用している皆さんは笑顔と喜びと自信に溢れていました。  アートセンターHANAでお会いした保護者代表の方のお話が印象的でした。障がいを持つ子どもが安心して活動できる場を継続するには、何が必要か?親としてできることは何だろう?具体的な計画、企画は団体におまかせして、私たちは他者に思いを伝えること、存在を知ってもらうことetc.年1回のバザーを開催して30年。今では地域の人たちも心待ちしてくださる行事になったこと。その収益が団体運営の継続資金の一つになっていること。親同士の強力な繋がり+親の表現の場にもなっていること。短時間でしたがとても重要な心に響くお話でした。 ・有縁のすみかは小規模でしたが、安心して生活できる環境のように感じました。部屋を見せてくれた利用者の方は、自分の居住空間を大切に愛おしそうに飾って居たのが印象的でした。嵐の相葉くんが訪ねてくれたこと、はにかみながら嬉しそうに教えてくれました。 ・ポジティブ文化交流会では、11月も後半なのに5月の空を思わせるような青空の下、会場ではにこまーるの子供たちの作品が並べられ、美味しいコーヒー&東北の銘酒の香りに誘われブースには沢山の人が集まっていました。子供たちも緊張しながら、それぞれ役割を果たし、関西弁と東北弁で会話していました。     これからを羽ばたく未来ある子供たち。 大阪の地での活動が、よい刺激になり、この経験がこれからの将来の一助になることは間違いありません。世界が広がりました。このような機会を与えて頂き親として本当に感謝しています。ありがとうございました。

まーるま~る交流会~クリスマス編~

今年のクリスマスのにこま~るは、 なんと他の施設さんとコラボのクリスマス会でした。 にこま~るから1時間ちょっと。 黒川郡大郷町のめるくま~るさんと一緒にクリスマス会を しました。 めるくま~るさんは今年10月の台風で甚大な被害を受けられました。 近くの吉田川の堤防が決壊、川が氾濫し、建物・送迎車が全て使えなくなったのです。 でも、一日でも早い再開を望む保護者の声に応え、 大郷町文化会館をお借りして11月中旬に活動を再開されました。 ※11月3日(日)のにこまる秋まつりで おあずかりした募金3194円は12月24日(火)に 直接お渡ししました。ご協力ありがとうございました。 そういう大変な状況に対して、 にこま~るの子どもたちと何かできないかと考えて、 今回、合同でクリスマス会をすることになりました。 子どもたちはすぐに打ち解け、笑顔があふれる素敵な 交流会になりました。 豪華なランチ! ピザにチキンにシチューにケーキ! 美味しい!と完食する子・チキンを持ち帰りをする子。笑。   スコップ三味線とおてだまのジャグリング。 今回も披露をさせていただきました。 めるくまーるのお友達とにこま~るさんでミュージックケアの 時間も。子どもが総勢30人越え!! なれたにこま~るさんが「こうやるよ」とリードして くれたりと、時間はあっという間に過ぎます。   まーる・ま~る交流会は今後も続きます。 次にお会いする日が楽しみです。   ↓特別ゲストも!?           ・・・・・『君の名は?』 【かなみのもりブログは毎週木曜日更新】  (美)